前へ
次へ

ダイエットに励んで生活習慣病を防ぐ

多くの方々は、生活習慣病を気にしています。
生活習慣病は、確かに防げるに越した事はありません。
脳卒中や心筋梗塞などの病気になってしまうと、色々大変だからです。
それを考慮すると、ダイエットに励むのは大いに意味があります。
そもそも上述の脳卒中などの病気は、体脂肪率との相関関係があります。
いわゆる肥満の状態になっていますと、血圧も高くなってしまいますし、発病率も高まってしまうからです。
糖尿病の原因にもなりますから、体脂肪率は決して軽視できません。
ですがダイエットに励んでいれば、その体脂肪率を下げる事もできます。
普段から体脂肪率を意識するのは、生活習慣病も予防できる訳です。
その方法も色々ありますが、多くの医師は運動を推奨しています。
適度に身体を動かすよう心がけていれば、体脂肪率も減りやすくなりますから、生活習慣病になりづらくなるからです。
ただ、やはり運動は継続する必要があります。
三日坊主では生活習慣病を防げませんから、続けるのが大切です。

Page Top